Z1の再来か?カワサキZ900RS!【東京モーターショー】でお披露目!

昨年から話題となっているカワサキ「Z900RS」

9月6日に公開された動画に続き、10月3日第2弾となる動画が公開された。

今回の動画もティザーのため、全貌はまだベールに包まれてはいるが、

ちらりと映る全体像はZ1を彷彿とさせるデザインで、

ラジアルマウントのブレーキ周りやマフラー、

ステップなどの形状なども今回の動画で明らかとなった。

10月25日、第45東京モーターショー2017・プレスデーで初披露となる。

スポンサードリンク

搭載されるエンジンは新型Z900になることが予想され、

さらに足回りに関しても新型Z900に共通するパーツが採用されることが予想されます。

しかし、外装に関してはZ1の雰囲気を踏襲することが濃厚となっていることから、

FRPパーツではなく、フロントフェンダーやリアフェンダーはステンレスのプレス加工パーツを採用し、

さらにスポークホイールなどでさらにノスタルジックなイメージとなることが予想されます。

今回の動画から足周りにはラジアルマウントキャリパーを採用していることが判明。

エンジンは空冷のようなフィンがみられるが、

ラジエーターらしきものが見えるので形だけのフィンでしょうか?

テール部分はゼファーよりもZ1を意識して丸テールみたいですね。

新型Z900よりもコストがかかることが予想されますので、

Z900RSの価格は120万円ほどになると予想できます。

最後に

カワサキからは正式な発売日についてリリースされていませんが、

2018年の前半には発売されると予想できます。

2017年は新排気ガス規制の影響から、

国内の二輪メーカーのほとんどの車種が生産終了となるなど激動の年となっています。

そんな中、カワサキは新型Z900やZ650を発表するなど、

時代の流れとは逆光するような勢いを見せています。

やっぱりカワサキはファンを裏切りませんね。

爺ちゃんも欲しくなってきました。(^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク