「ユリゴコロ」の舞台挨拶で松坂桃李さんが純愛告白?プロポーズ?

「ユリゴコロ」の初日舞台挨拶が本日9月23日に東京・新宿バルト9で行われました。

出演者の吉高由里子松坂桃李佐津川愛美清野菜名清原果耶・そして監督熊澤尚人さんが登壇しました。

沼田まほかるさんの小説「ユリゴコロ」を映画化した本作は、

人の死を心の拠りどころとする女性・美紗子の物語。

美紗子を演じたのは個性派女優の吉高由里子

松山ケンイチが美紗子と運命的な出会いを果たす洋介役。

松坂桃李が殺人者の秘密に迫っていく亮介を演じています。

スポンサードリンク

 

「ユリゴコロ」はある一家で殺人者の告白を綴った手記が発見されたことをきっかけに、

過去と現在が交錯しながら驚愕の真実が明らかとなる物語。

 

この映画はそんな激しいほどの愛を描くことから、

「あなたにとって純愛とは何ですか?」との質問に答えることとなった。

出演者陣が順番に自身の“純愛”を明かしました。

熊澤監督は映画への一途な愛。

清野菜名さんは8年間ファンだというジャスティン・ビーバーへの愛。

と答えていく中、松坂桃李さんは両親のエピソードを披露。

「親父がお袋にプロポーズをするとき、土下座しながら『僕は君と結婚できなきゃ死ぬ!』って言ったらしくて。

母から初めて聞いたときは、今どきドラマでもそんなプロポーズしないって思ったんですけど。

思い返すとこれが“純愛”なのかなって(笑)。」と答えました。

 

「このプロポーズどう思われます?」

と松坂が吉高に振った返事が

「狂気的だね。純愛のような、脅迫のような!」と驚きつつ、

「まあ、愛は凶暴なんでね。」と。

「愛は、勉強するものじゃないので。知識があったって、何もならない。」

「体験や経験、感じることで育まれていく要素のひとつ。」

「みんなが持っている愛の感覚が純愛。」と持論を展開。

スポンサードリンク

最後に

吉高由里子さんは自分の純愛については、

「私は20歳でお酒のCMをいただいて。ハイボールのCMをやっている。」

「日本でも海外でも、家でも外食しても、ハイボール。純愛を貫いています」とニッコリ。

「愛の結晶、シュワシュワ。今日は土曜日なので、みなさんもおうちに帰っていかがでしょうか?」

「お後がよろしいようで。」ときれいにまとめ、会場の笑いを誘っていました。

吉高さんは過去の映画では惜しげもなく全裸で演技したり。

今回の映画「ユリゴコロ」では殺人者役を体当たりで熱演しています。

熊澤監督は「吉高さんなくしては作れなかった作品。吉高由里子の100年残る代表作だと思っている」

と心からの賛辞を送っていました。

それと爺ちゃんがとても共感を覚えたのは、

松坂桃李さんのご両親のエピソードです。

お母さまから聞いた微笑ましいプロポーズの言葉。

普通は子供には恥ずかしくって言えないのですが、

隠し事のない家族関係が垣間見えるこのエピソードから、

ご両親の桃李さんへの愛が伝わってきます。

こういう親子関係って良いですよね。

爺ちゃんは何てプロポーズしたか覚えてませんが。(^^

最後にRihwaさんの主題歌「ミチシルベ」聞いてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク