iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」って何?

iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」って何?

先日iPhoneを充電していると初めて見る表示が・・・?

最適化されたバッテリー充電
20:00まで充電が完了するようにスケジュールされています。

今までこんな表示見たことなかったので「これって・何?」って思っちゃった!

最近スマホの設定画面すら開けてなかったので調べてみました。

iPhoneの公式ページを見てみると!

iOS 13 以降には、「最適化されたバッテリー充電」機能があり、iPhone がフル充電されたままの時間を極力短くして、バッテリーの劣化を軽減し、寿命を延ばしてくれます。この機能を有効にすると、所定の条件下で、iPhone は 80 パーセントまで充電したら、その後の充電を遅らせます。iPhone はオンデバイスで機械学習機能を使い、毎日の充電の傾向を把握するので、iPhone がある程度長い時間、充電器に接続されるだろうと予測されるときにしか「最適化されたバッテリー充電」は働きません。充電器から外した時点で、iPhone がフル充電されている状態にしておくことが、このアルゴリズムの狙いです。

そうなんですね、「iOS 13」のバッテリー充電を最適化する新機能なんですね。

「iOS 13」の新機能となる「最適化されたバッテリー充電」機能では、

充電中のスマホのバッテリーが80%に達成すると自動で充電が保留されバッテリーの劣化が軽減されます。

スポンサードリンク

iPhoneの劣化を軽減し長く快適に利用できるように

Appleは、日本時間の2019年09月20日にリリースした「iOS 13」にて

iPhoneのバッテリー充電を最適化する新機能を追加しています。

ある程度長い時間、充電器に接続されるだろうと予測されるときにしか「最適化されたバッテリー充電」は働きません。

iPhoneでは、フル充電またはフル充電に近い状態を続けることで、

iPhoneのリチウムイオンバッテリーが劣化してしまいます。

そのため、「最適化されたバッテリー充電」機能では、

充電中のスマホのバッテリーが80%に達成すると自動で充電を保留にし、

80%充電に留めておくこととなります。

この機能を活用することで、バッテリーの劣化スピードを遅らせることができ、

その結果としてバッテリーの劣化を軽減し、

iPhoneを長く快適に利用できるようになると説明しています。

バッテリー容量の80%までは高速充電し、

その後、低速のトリクル充電に切り替わるとしています。

最初の80%に達するまでの時間は、設定方法と充電しているデバイスの種類によって異なるものの、

推奨されるバッテリー温度を超えると、ソフトウェアが80%以上の充電を制限する場合もある。

こんな機能があったなんて初めて知りました。(笑)

iOSの「機械学習機能」を利用して、

iOSを利用しているユーザーがiPhoneをどの時間に充電するかの把握しているのだそうです。

この機能は「iOS 13」に設定した時点でONになっています。

「最適化されたバッテリー充電」設定がONになっているか確認する方法!

新機能「最適化されたバッテリー充電」機能には一つ注意点があります。

不規則な生活をされているユーザーや、

通常は充電している時間に突然iPhoneを利用しなければならないユーザーです。

いざiPhoneを利用しようと思った時80%で充電が止まっている可能性があり、注意が必要です。

「iOS 13」にアップデートしたらまず設定がONのなっているか確認しましょう。

iPhoneの設定画面より、

[バッテリー] → [バッテリーの状態] → [最適化されたバッテリー充電]をON。

「最適化されたバッテリー充電」設定をオフにする方法!

バッテリーの劣化を軽減できる「最適化されたバッテリー充電」機能。

この機能は「オフ」に切り替えることで、従来の充電ペースを行うこともできます。

iPhoneの設定画面より、[バッテリー] → [バッテリーの状態] → [最適化されたバッテリー充電]をOFFにすることで、「iOS 12」以前と同じようにフル充電が可能となります。

通知を長押しして、「今すぐ充電」をタップ!

通知から変更する事も可能です。

「最適化されたバッテリー充電」が働いているときは、

iPhone がいつ頃フル充電されるかを知らせる通知がロック画面に表示されます。

iPhone をすぐにフル充電する必要がある場合は、この通知を長押しして、

「今すぐ充電」をタップしてください。

スポンサードリンク

最後に

「最適化されたバッテリー充電」は、

自宅や職場など、普段長い時間を過ごす場所でしか働かないようになっています。

旅行中など、使用傾向が普段と違って流動的な場合は働きません。

そのため、「最適化されたバッテリー充電」を使うには、

一部の位置情報の設定を有効にしておく必要があります。

この機能で使われる位置情報が Apple に送信されることはありません。

スマホは飛躍的に進歩しています。

私みたいに高齢になるとその進歩ついていけない程です。

このスマホを長持ちさせるような機能は親切で好感が持てますね。

この機能は規則正しい生活を送っている人向けの機能です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク