「旅猫リポート」の感想!福士蒼汰がナナを飼えない理由とは・・・?

今日前から見逃していた福士蒼汰君の「旅猫リポート」を観てきました。

その感想を少し書きたいと思います。

有川浩の小説「旅猫リポート」を、三木康一郎監督が映画化。

三木監督は、有川浩原作の小説映画化は2作目になります。

心優しい猫の飼い主「悟」を演じるのは、笑顔から優しさが滲み出ている「福井蒼汰」

そして、しゃべる猫「ナナ」の声を担当しているのは「高畑充希」です。

その他のキャストは、

広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉、田口翔大、二宮慶多、中村靖日、戸田菜穂、橋本じゅん、

木村多江、田中壮太郎、苗木優子、竹内結子、沢城みゆき、前野智昭などです。

スポンサードリンク

映画『旅猫リポート』のあらすじ

「吾輩は猫である。名前はまだない」有名な先輩猫のセリフを口にする場面から物語は始まります。

主人公「悟(サトル)」は、ある日道端で交通事故で瀕死状態の野良猫に出会います。

その猫は何時も駐車場で餌をあげていた野良猫でした。

もちろんその場に放っておくことができない「悟」は病院に連れていきます。

何とか一命を取り留めたこの野良猫を「ナナ」という名前をつけ飼い始めます。

5年間仲良く暮らしていた「悟」「ナナ」ですが、ある理由で「悟」はナナを飼えなくなってしまいます。

そして「ナナ」を飼ってもらえる次のご主人を探すため旅に出ます。

またこの旅は「ナナ」の飼い主を探すだけでなく、

「ナナ」「悟」の間柄や「悟」自身の人生を再確認する旅になるのでした。

 

最初に訪ねたのが、小学校の幼なじみの「幸介」(山田涼介)でした。

小学生の「悟」「幸介」は、子猫を拾い「ハチ」と名付けます。

「ハチ」は人の心が分かる猫で、家族喧嘩をして泣いてしまった時も、

嬉しい時も、悲しい時も側に寄り添い慰めてくれる存在でした。

そんな「ハチ」「悟」の別れの時は、突然やってきます。

「悟」が修学旅行中に両親が自動車事故で亡くなってしまいます。

突然の両親の死後、「悟」は行き場もないまま、母の妹「法子(竹内結子)」に預けられ、

「ハチ」とも離れ離れになってしまいます。

その「ハチ」を自分が引き取りたいと両親に頼む「幸介」でしたが、

厳しい父親に反対され飼う事が出来ませんでした。

父親に逆らうことが出来ず諦めたことをずっと後悔していました。

今度こそは自分が「ナナ」を引き取るという思いの幸介。

しかし「幸介」には解決しなければならない自分の問題がありました。

父との確執、出て行ったきりの嫁、すべては自分の弱さが原因でした。

「お前の問題を解決するのが先じゃろっ!」結局「ナナ」は一歩もゲージから出ず、

お見合いは不成立に、次の飼い主候補へ旅は続きます。

 

さて、次に「悟」「ナナ」がやってきたのは、

高校時代の友人夫婦「千佳子(広瀬アリス)」「修介(大野拓朗)」のペンションでした。

もともと動物好きの「千佳子」が経営するペンション「スギ」

そのペンションは動物も一緒に泊まれて、犬や猫もたくさんいます。

この家だったら「ナナ」も住人たちと仲良くやれるのでは?と考えた「悟」

でも着いた早々、飼い犬の「とらまる」と喧嘩をはじめる「ナナ」

その「とらまる」「悟」に吠える理由がありました。

高校時代3人は友人でした。

でも「悟」「千佳子」に淡い恋心を抱いていました。

「千佳子」「悟」に惹かれていく自分に戸惑いを感じていました。

「悟」は、そんな「千佳子」「修介」も好きなことを知り身を引きます。

時は経ち、結婚した「修介」「千佳子」ですが、

「修介」は今でも2人の関係に不安を抱いています。

そんな飼い主「修介」の心を察した「とらまる」は、「悟」「ナナ」に心を許しません。

またもや、ナナのお見合いは失敗に終わりました。

 

久しぶりに再会した3人は高校時代の話に花が咲きます。

高校時代「悟」は両親の死で離れ離れになった「ハチ」に会いに行くためにバイトをしていました。

しかし、もうすこしで会いに行けるというタイミングで、ハチが交通事故で亡くなってしまいます。

両親に続き「ハチ」までも。

「悟」は家族全員を失くしてしまいました。

途方に暮れる「悟」「千佳子」は、

「ちゃんと会いに行って、会いたかったと伝えてきなさい」と後押しします。

その「千佳子」の一言のおかげで、「悟」は前に踏みだすことができました。

帰り際「悟」「千佳子」に高校時代片思いだったことを告白します。

昔の三角関係に終止符を打てたことで「修介」の不安も消え、昔の3人に戻ることができました。

その後も、新しい飼い主を探す旅へ出る「悟」「ナナ」

中学の同級生にも断られ、仕方なく旅の「終着地」に向かいます。

旅の「終着地」は、叔母「法子」の家でした。

「法子」は中学生だった「悟」を引き取り忙しく働いていましたが、

「悟」「ナナ」と過ごすため仕事を辞め家を引っ越していました。

その理由は「悟」の余命があと1年だったからです。

「法子」の家に向かう途中、「悟」「ナナ」は辺り一面に咲く菜の花畑に立ち寄ります。

どこまでも続く菜の花畑に、突如いなくなる「ナナ」

慌てて菜の花畑に入り探しまくる「悟」

あまりの不安で泣き出してしまう「悟」

「はぐれないでよ。置いていかないで。そばにおいてよ」と心の内を吐き出す「悟」

足元には、「僕は絶対に悟を置いていかない」と目で語る「ナナ」が。

この場面でもう涙腺が緩んで涙が止まらなかった私です。

「悟」「ナナ」は両親の墓参りに行きます。

両親に「ナナ」を紹介する「悟」

「ハチも良い猫だったようだけど、俺もなかなかでしょ」と得意げな「ナナ」

見渡す景色の先には七色の虹、「ナナ」の虹がかかっていました。

それから、「法子」「悟」「ナナ」の生活が始まります。

「法子」にはずっと「悟」に対して酷いことをしたと後悔していることがありました。

それは「悟」を引き取ると決めた日、まだ幼かった「悟」に、

「あなたは、お父さん、お母さんと血が繋がっていない」という真実を突きつけたことでした。

一度に二人を亡くした悲しみの時に告白するべきでなかったと謝罪する「法子」

でも「悟」は、自分を引き取って育ててくれた「法子」にどんなに感謝しているか。

いざという時に「ナナ」を引き取ると言ってくれる優しい友達に恵まれたこと。

今までの自分の人生がどれ程幸せだったかと言い聞かせます。

その3人の幸せな生活もそう長くは続きませんでした。

「悟」は通院していたのですが、入院をすることになります。

「悟」「ナナ」は離れ離れに。

病院に入れない「ナナ」は、「悟」の命が尽きることを匂いでわかっていました。

そして「悟」が意識不明になった最後の時。「ナナ」は病室へ駆けつけます。

「悟」「ナナ」「法子」に、「あ」「り」「が」「と」「う」と呟いてこの世を去ります。

 

悟 「オレの最後の猫がナナで良かった」

ナナ 「そんなこと、とっくにわかってたよ」

ナナ 「そううち俺もそちらに行くからそれまで待っていて」と心で呟く。

スポンサードリンク

最後に

有川浩原作の、猫と人の絆を描いた映画『旅猫リポート』をご紹介しました。

この映画の中では、動物は普通にしゃべり、家族のような存在として描かれています。

主人公の「悟」は、次々に襲いかかる不幸な出来事にも負けず、健気で優しい青年に成長します。

それは「ハチ」「ナナ」が側にいたからではないでしょうか。

「ナナ」を通して、人生の生き方、生きざまを学んでいるようです。

不幸な出来事もすべて受け入れ、許し、今に生き、今に感謝する。

「ナナ」の声を担当した「高畑充希」「見どころはズバリ、しゃべらない時の猫ちゃんの顔!」

と言わしめた、猫「ナナ」の、ツンとした表情と強いまなざしの名演技にも注目です。

強い絆で結ばれた1匹と1人の、切なくも心温まる物語です。

映画『旅猫リポート』、ぜひ劇場で癒されてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク