羽生結弦、衝撃の世界初4回転トウループ―3回転アクセルで優勝!

羽生結弦選手がまたも世界最高点で優勝しました。

それも世界初の4回転トウループ―3回転アクセル成功で世界最高得を達成しての優勝。

もう凄いとしか言い表せないですよね。

昨日のショートプログラムで190.43点で首位だった羽生結弦選手

そして今日のフリーでは190.43点、合計の297.12点で今季の世界最高得点を叩き出した。

歴史的快挙を成し遂げた絶対王者に対し、海外メディアは「ここで起きたのだ、忘れてはいけない」

「羽生を超えられる人間は、この世に1人だけ」「それは羽生本人だ」と絶賛している。

 

スポンサードリンク

進化し続ける羽生結弦選手

五輪連覇を達成してもなお進化を目指し、挑戦を続ける羽生結弦

今大会でも新しい技に挑戦して、着氷に少し乱れがありましたが大きなミスなく演じ切りました。

高いジャンプに美しいステップ、完璧なスピン。

「羽生を超えられるのは羽生だけ」と言わしめる理由がここにある。

 

【ピアノ・ソロ】秋によせて:ラウル・ディ・ブラシオ(羽生結弦選手2018/2019 SPバージョン)

今大会ではピアノ・ソロ「秋によせて」を採用。

元全米王者の「ジョニー・ウィアー」が採用していた曲。

その本家「ウィアー氏」がツイッターで、「Absolutely brilliant skating」(訳・とてつもなく素晴らしい滑り)絶賛した。

大きなミスなく新SP「秋によせて」を演じ切ると、会場は耳をつんざく大歓声が響きました。

その後会場にはお決まりの「くまのプーさん」の雨が降り注いだ。

「オリンピックチャンネル」は演技終了直後、リンク中央で羽生が両手を広げポーズを決める中、

黄色く銀盤が染まった壮観な1枚の写真を公開。

さらに羽生が自前のプーさんを会場裏に持って引き揚げてくるシーン。

10袋以上に膨れ上がったプーさんのプレゼント。

そんな熱狂の舞台裏も切り取った写真も合わせて公開しています。

スポンサードリンク

最後に

今大会でも絶対王者のプレッシャーを跳ねのけて優勝した羽生結弦選手

彼は何処まで進化するのでしょうか?

全世界から最大級の賛辞を送られている羽生結弦。

「羽生を超えられる人間は、この世にたった1人だけ…その人物は…」

それはあなた!「羽生結弦」しかない。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク