ソプラノ歌手「田中彩子」とは?美しい美貌と歌声は必見です!

あなたは100年に一人と言われるソプラノ歌手「田中彩子」さんをご存知でしょうか?

2016年6月5日に「情熱大陸」で出演してからネットで話題になったのは記憶に新しいですよね。

2018年1月20日の「嵐にしやがれ」に2度目の出演されました。

18歳まで日本で育った彼女ですが、海外での生活が長いのか日本語があまり得意ではないのです。

本人曰く「日本語を忘れたわけではなくて、使う筋肉が違う」そうです。

名前:田中彩子(たなかあやこ)
生年月日:1984年2月23日(34歳)魚座
血液型:B型
出身地:京都府
ジャンル:クラシック
職業:ソプラノ歌手、オペラ歌手
担当楽器:声楽

スポンサードリンク

これまでの経歴は?

3歳のときにピアノを習い始める。

音大を目指しますが「手が小さい」という理由で断念。

この時ピアノの先生から「歌に転向すれば?」と歌を勧めらる。

当時発声練習で4オクターブまで声が出すことができたそうです。

それを見た歌の先生が「あなたは100年に1人の逸材よ!」と言われ、

元宮廷歌手「ミルカーナ・ニコルバ」さんの勧めで音楽の都、ウィーンへ単身留学。

22歳で日本史上最年少でスイスの首都ベルン市立劇場にて、

「ダニエル・インバル」指揮のフィガロの結婚で代役なしでのソリストデビューを飾りました。

これは、ソリストとしては「日本人初」そして同劇場「史上最年少」での歌劇場デビューだったのです。

あの有名な「ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団」に招待されて、定期コンサートも行っているようですね。

2011年:マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同音楽フェスティバル”Musica Coronensis”にて、
マーラーの交響曲第4番第4楽章『天上の生活』のソプラノソロで出演。

2012年 – 2014年:オーストリア政府公認スポンサーの下行われたオペラ魔笛のオーストリアツアーにて、
同オペラの夜の女王役で全公演出演。

2013年:ロンドンカドガンホールにてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデュー。

2014年:オルフの世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』のソプラノソリストで、
ウィーン・コンツェルトハウス大ホールデビュー。

華々しい経歴の数々の「田中彩子」さんですが。

彩子さんは「コロラトゥーラ ソプラノ」というパートになります。

さらにその中でも、世界でも一握りの人しか出せないという「ハイ・コロラトゥーラ」

歌の音域の中でもっとも高い声が出るそうです。

田中彩子 / 夜の女王のアリア~歌劇《魔笛》より(モーツァルト)

出身校はどこ?

生まれは京都舞鶴市。

京都府立西舞鶴高校卒業。

出身大学については、情報はありませんでした。

インタビュー記事で「大学の4年間だけは両親から仕送りがあった」と記載がありましたので、

ウイーンの大学に通っていたことは確かなんですけれどね。

まだ日本でCDデビューして日が浅いので、今後情報がでるかもしれませんね。

実家は三代続く材木問屋。

お父さんはその材木問屋の次男だそうです。

「田中彩子」さんのトリビア!

【トリビアその1】
意外と大食いらしい!?
とにかく食べるという田中さん。
なんと多い時は1日5食も食べるんだとか!?
やはり歌うのにすごくエネルギーを使うようで、
スペアリブ300gもペロリと平らげるのだとか…。
それでも全然太らない、スタイルキープできているところを見ると、
やはり相当大変なんでしょうね。

【トリビアその2】
歌う時は常にノーブラ!?
これもびっくりな情報ですが、なんと田中さん、
毎回歌うときはノーブラなんだそうです!!
なぜかというと、やはりかなりの声量を必要とするんでしょうね、
歌うときにブラで胸が締め付けられていると胸部が膨らまず、うまく歌えないようです。
すごく収縮するとご本人がおっしゃっています。

身長は?以外と小さい?

「田中彩子」さんはオペラ歌手にしては以外と小柄。

たしかに、オペラ歌手というと、大きな声を出すので割と大柄な方が多い印象ですよね。

今日の「嵐にしやがれ」を見てもヒールの5〜8cmを引くと、158cmくらいになりますね。

オペラ歌手で158cmくらいだと、舞台に立った時にちょっと「小柄かな?」と感じますよね。

性格は?

「田中彩子」さんの性格はどんな感じなのでしょうか?

テレビを見ると可愛い声ですが日本語がたどたどしいですね。

美しい顔とおっとりした喋り方のギャップにメロメロになります。

性格は「のんびり屋」なのかもしれませんね。

家族構成は?

現在独身の「田中彩子さん」

カンツォーネ好きのお父様と。

お兄様が二人いらっしゃるようです。

すぐ上のお兄様は8歳年上で「田中彩子」さんのマネージャーも務めているようです。

そのまた上にもお兄さんがいらっしゃいますが、兄弟みんな海外で教育を受けたそうです。

裕福な家庭と思われがちなのですが、実際はそんなでもないと言います。

「田中彩子」さんが大学在学中送金されていた生活費も卒業後はピタリととまったそうです。

オペラ歌手の年収は?

オペラ歌手の年収は幾らぐらいなんでしょうね?

公表はされていないので、推測の域を出ませんが。

日本でのオペラ歌手の平均年収は「221万円」だそうです。

日本で活動するには厳しい数字ですよね。

しかしヨーロッパやアメリカでは有名なオペラ歌手は高給取りなんだそうです。

一流の花形オペラ歌手は「一晩で150~200万円」稼ぐのだとか。

ひと月に1公演で150万円稼げたら「年間1800万円」となりますね。

スポンサードリンク

最後に

注目度上昇中の「田中彩子さん」

小柄でも周りを圧倒する声量、声域で本場で勝負し続ける田中彩子さん。

日本代表として、いつまでも本場で活躍していただけるよう応援したいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク