はしだのりひこさん死去!「帰ってきたヨッパライ」「悲しくてやりきれない」「花嫁」などヒット!

「はしだのりひこ」さん(フォーク歌手)が72歳で亡くなりました。

「帰ってきたヨッパライ」「悲しくてやりきれない」「花嫁」などのヒット曲を残しています。

私の青春時代そのもので「帰ってきたヨッパライ」を聞いた時は歌ってこんなに自由でいいんだとビックリしました。

今では絶対出てこないNG連発のこの歌ですが、

「はしだのりひこ」さんがグループ加入する前に出来ていたんです。

はしだ のりひこ(本名:端田 宣彦、1945年1月7日 – )
日本のシンガーソングライター、フォークシンガー。
京都府京都市生まれ。
同志社高等学校、同志社大学神学部。8年+休学で10年在籍、期間満了で退学。
身長163cm。愛称はのりちゃん。

筋肉が衰えていく病気との闘い

「はしだのりひこ」さんは筋肉が衰えていく病気を持つ身でした。

最後に私たちの前に出てこられたのは今年の『京都フォーク・デイズライブ』でした。

2017.04.23 に行われた KBS京都創立65周年記念『京都フォーク・デイズライブ』

メインパーソナリティーは、1967年に彗星のごとく現れて去っていった

『ザ・フォーク・クルセダーズ』の北山修(きたやまおさむ)さんです。

そして!そして!この日のスペシャルゲストの登場に会場は騒然となります。

車イスに乗ってステージに現れたのは、

何と!メジャーデビュー時のメンバーであった『はしだのりひこ』さんでした。

長い間難病と闘っていた『はしだのりひこ』さん。

でも、一生懸命にあの超名曲『風』を皆んなと一緒に歌ってくれたそうです。

か弱い声で歌う「はしだのりひこ」さんに会場の拍手が止みません。

夢のようなこのサプライズ出演。

三時間にもなるこのライブのラスト曲は出演者全員で歌う『あの素晴らしい愛をもう一度』

最後に「はしだのりひこ」さんが「歌は筋肉で歌うもんだと気がついた」とのコメントがあったそうです。

この日、姿を見せてくれたのは、ご自分の最後を予感していたのではないのでしょうか?

「ファン」へ、また「歌」へ、最後の感謝と「ありがとう」のお別れの決意だった気がします。

スポンサードリンク

「はしだのりひこ」さんの軌跡

ドゥーディ・ランブラーズ 「真っ赤なリボンとおさげのあの娘/戦いは一度でいい」

ザ・フォーク・クルセダーズ 「帰って来たヨッパライ」

はしだのりひことシューベルツ 「風」

はしだのりひことマーガレッツ レコードの発表無し

はしだのりひことクライマックス 「花嫁」

はしだのりひことエンドレス 「嫁ぐ日」

スポンサードリンク

最後に

「はしだのりひこ」さんの最後になったKBS京都創立65周年記念『京都フォーク・デイズライブ』

実は今年の始めにFM滋賀のチケット情報で知って、このライブに行こうと考えていました。

でも残念な事にバイクのツーリングと被っていたのです。

本当に残念でなりません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク